マントノン城

管理上、マントノンの小さな村はヴァル・ド・ロワール地域にあります。しかし、イル・ド・フランスの国境に位置し、ヴェルサイユやルイ14世と密接に関連した歴史は、しばしば忘れさせてくれます。この場所は、5世紀以上にわたる歴史が豊富で、フランスのルイ14世の秘密の妻であるマダム・ド・マントノン(1635~1719)が住んでいました。

フランソワーズ・ドービニェ、マントノン侯爵夫人の運命はなんと言う運命なのでしょう。マントノン侯爵夫人であるフランソワーズ・ドービニェの運命は、なんということでしょう。

詩人アグリッパ・ドービニェ

有名な バロック詩人のアグリッパ・ドービニェの 孫娘である彼女は、父親が収監されていた刑務所で、貧しく生まれました。

ポール・スカロン

彼女は自分の状態から逃れるために若くして結婚しました。彼女は自分より25歳年上のバーレスクの詩人のポール・スカロンと結婚します。

25歳で未亡人となった彼女は、王の成人した子供たちの教育の世話をするために、有名なお気に入りのマダム・ド・モンテスパンからルイ14世に贈られます。彼女は、王が婚外性交渉から生まれたすべての子供たちを合法化するまで、密かに彼女の役割を保証し、合法化後も教育を続けます。1674年にマントノン城を手に入れた彼女は、王の子供たちの家庭教師を続けていました。

 賢明で敬虔で信仰深い女性であった彼女は、王様のルイ14世を魅了してマントノン侯爵夫人という称号を与えられたのです。1679年以来の恋人、1683年の王妃の死後、ルイ14世は彼女と秘密裏に結婚します。彼女は1715年に王が亡くなるまで、彼の妻であり続けました。

1686年6月1日、ルイ14世の妻となっていたマントノン侯爵夫人が、貴族の貧しい少女の教育を目的とした寄宿学校をサンシルに設立しました。

邸宅の端、フォーマルガーデンの後には、植物が生い茂った石造りのアーチが見えます。これは、ルイ14世がヴェルサイユ宮殿の噴水に水を供給するために設計したファラオ王朝時代のプロジェクトである水道橋の跡です。全長約80kmのこの水道橋プロジェクトは、1685年に開始されましたが、アウグスブルク同盟との戦争のために完成しませんでした。

20km南には、12世紀に建てられたフランスで最も荘厳なシャルトル大聖堂があります。

今度旅に行きましょう!

close

マリーズからのおすすめの情報をお見逃しなく!

スパムメールなどを送ることは致しません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。