マリーズの自己紹介

初めまして、マリーズと申します。パリ生まれのパリジェンヌで、日本とは40年を超える深いつながりを持っています。私は子供の頃から外国に興味をもっていたので高校卒業後はパリの東洋語大学に入学して日本語を勉強していました。日本語の勉強を始めてから、言葉だけでなく日本の文化や生活、そしてそこに暮らす人々の事をもっと知りたいと思うようになり実際に目にできる日が来るのを楽しみに待ち望んでいました。そして1979年、日本で初めて東京サミットが開催された年の夏に大学の休みを利用して静岡県御殿場市の渡辺さん家族の家に5ヶ月間のホームステイをする機会に恵まれました。

渡辺さん一家は御殿場や東京に「翆月学園」と言う塾を経営していて、そこでは茶道、生け花、日本舞踊、書道といった日本の伝統文化の他、日本料理と英語の授業も開催していました。渡辺さん一家に滞在していたおかげで、私もそこで皆と一緒に茶道、生け花、日本舞踊に書道を学ばせていただき、また家庭では日本料理を直接教わったりして日本文化について深く知る機会に恵まれました。

渡辺家の皆さんはフランス文化に強い関心を持っておられたので、私の滞在を心から喜んでくださり、私が逆にフランス文化を紹介する事もありました。一緒に過ごす中で時には文化の衝突もありましたが、時間をかけるうちにお互いを深く理解できるようになりました。楽しくもあり難しくもあったあの時間は私の人生における財産となりました。また様々な家族がいた中で渡辺さん家族と出会えたことに縁を感じました。

そしてまた、御殿場での滞在のおかげで私の富士山への敬愛の念がますます強くなったのも事実です。

御殿場での滞在や渡辺さん家族が教えてくれたことのおかげで、日本の生活になじむことができたと思いますが、私にとっては、今、日本に行っても外国人という感覚はありません。

もちろん、まだまだ学ぶべきことは多いのですが、いつも楽しく、嬉しい発見があり、決して束縛されることはないのです。

私と日本の間には深い絆があることは間違いありません。それから私の専門的な活動は確かに始まりました。私たち姉妹が子供だったとき、柔術と柔道を練習していた父は私たちを非常に若い頃に柔道に登録しました。私の叔父は空手を練習していました。

それから、フランスで最初の合気道クラブの1つである私たちの村のクラブは、フランスで合気道を長年指導していた菅敏郎先生によって設立されたものです。

美樹先生のパリのクラシックバレエの大人教室

最後に、子供の頃からクラシックバレエをすることを夢見ていたのですが、大人向けにバレエを教えている先生に偶然出会いました。なんと彼女は日本人でした!とてもフレンドリーで、忍耐強く、そして寛大なクラシックバレエの先生、今井美樹先生です。

美樹先生の サイトへ https://ameblo.jp/mikietoile

又は YouTube チャンネルのリンクへ 

その後50回以上の来日を繰り返すうちにさらに日本文化への理解を深め、互いの文化の違いを理解し、またその差を大切にするようになりました。また仕事を通じて更に日本を深く知るだけでなく日本の皆さんにフランスを紹介する機会も増えるようになりました。

また、私もこのサイトを作ろうと思ったのは、歴史にとても興味があるからです。もちろん、まずはフランスの歴史ですが、日本の歴史や史跡、その他の国の歴史も知りたいです。

私はパリの近くの小さな町に住んでいて幸運です。そこには歴史的な過去が証明された2つの城があります。

close

マリーズからのおすすめの情報をお見逃しなく!

スパムメールなどを送ることは致しません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。